電話での会話で「脈アリ・ワンチャン有り」ナンパ攻略可能かどうかを見分ける方法

電話ナンパで脈アリ・ワンチャン有りを見抜く方法

 

女性はおしゃべりを好むものです。

 

アルコールも無しに、カフェで数時間もペラペラとおしゃべりをしている事を思えば、

「どんだけおしゃべりが好きなんだ??」

っと言いたくもなりますが、そのくらい好きって事です。

 

なぜ女性は、それほどまでにおしゃべりが好きなのだろう!?

 

その疑問については、ここでは割愛しますが、

めっぽう好きだという事実

は覚えておかなくてはなりません。

 

何故ならそれは、

「これだけ毎日電話で話してるのだから、彼女も自分が好きにちがいない!!」

という、勘違いをしないため、っというワケです。

 

では、どういう状態であれば、どういうサインがあれば、チャンスとなるのか??

 

その見極めが欲しい所となります。

 

今回はその辺りをお届けしていきたいと思います。

 

声色から見極める!!

女性は、好きな男性と、特に意識していない男性の場合では、声が変わります。

 

声の高さと低さから判断する

 

声の質としては、好きな男性や異性として意識した男性と会話する時は、

高い声を出すことが多くなります。

 

逆に、意識していない男性の場合は、

比較的に低い声が多くなります。

 

また、甘えたような声色も出ることが多いかどうかも、判断の基準と言えるでしょう。(色恋営業は除く)

 

口調から見極める!!

口調からも見極めは可能です。

 

口調からの見極めも可能

 

男性として意識している場合、その口調はゆっくりとしたものになる事が多いです。

 

一方、逆の場合は、口調が早くなりがち。

 

例えば・・・

 

いい男性が相手の場合

「えーー!? うんーー・・。 そうかなぁーー?? あはは! 絶対やだーー! もーー!」

 

どうでもいい男性相手が相手の場合

「そうそう、わかるわかる。だからさ、私もそれでそうしたの、そしたらさー。」

 

イメージは伝わりますでしょうか?

 

ポイントとしては、意識した男性相手でも、下のパターンになる事もありますが、上のような話しぶりも見られるという点です。

 

一方で、意識していない男性であれば、上のような話しぶりは皆無といって良いでしょう。

 

ですから、上のパターンが来たら、リーチ目、大当たりの可能性があると思って良いでしょう。(色恋営業は除く)

 

内容から見極める!!

会話の内容からについても、もちろん見極めることが可能です。

 

会話の内容からでも判断できます

 

ただし日頃の雑談については様々な話題が飛び交うので、個別に指摘は出来ません。

 

なので一つ例を挙げてみましょう。

 

例えば、「会う事に直結しそうな会話」が出るのであればチャンスはあります。

 

しかし注意も必要になります。

男「この前行った居酒屋は料理はどれもメッチャ旨かった!」

女「へーー!いいなぁぁ、行ってみたい!」

これは一見すると、女性側が男性側に、その店に連れて行って欲しいのかも!?っと思うかもしれません。

 

だがしかし、この段階までの会話だと、それはまだ分かりません。

彼女は、その店に魅力を感じてるのか?

 

それとも、アナタとその店に行くことに魅力を感じてるのか?

 


それは、不明なわけです。

 

ですから、チャンスの有無をこの段階で判断するのは早計と言えるでしょう。

 

しかし、それを確かめるチャンスでもある会話なのも確かです。

 

ですから、ここでは話の流れや相手との関係性に合わせた会話で、チャンスがあるかを確認していくことがベスト!

 

具体的な会話例

 

会話のサンプル

 

男(いきなり誘うのも危険、ちと様子見るか)

「○○駅の北口でてさ、右に行ってね・・・○○の角を・・・」

女「えーー、どこだろ。。その辺り良く知らないんだよねー。」

 

男(お?チャンスあり?連れて行けって意味?一応、冗談風に言ってみようか)

「あー、あんま行かないのかぁ・・・。あー、連れて行って奢れって意味かぁ??w」

女「あはは!バレたー??」

 

男(具体的日付を言ってこい!!言ってこーーい!)

「流石ですwww」

女「で、いつ奢ってくれる??w」

これは飲みに誘うことについては上手く行った例ですが、相手にその気があったとしても、このように上手く話が進むかはわかりません。

 

しかもこの例では、ワンチャンあるかどうかはまた別の話だったりします。

 

この辺りは、女性側の性格などによっても変わるので、個々が判断していくしかないでしょう。

 

ただ、よく電話をする関係にもかかわらず、「会う事に直結しそうな会話が出ない」という事は、ノーチャンスだと考えることが出来るかもしれません。

 

そして、そういうケースは多いです。

 

要するにチャンスがあるかどうかは不明だが、チャンスが無いかどうかは分かるケースは多いという事です。

 

 


PAGE TOP